日本繊維製品・クリーニング協議会 略称:日繊ク協(ニッセンクキョウ)

第8回日繊ク協交流会議

第8回日繊ク協交流会議
消費者に向けて

日本繊維製品・クリーニング協議会(角田光雄会長:文化学園大学名誉教授)では来る11月28日(金)、「第8回日繊ク協交流会議」を開催いたします。今回の交流会議は「消費者に向けて」をテーマに、消費者保護に関わりの深い家庭用品品質表示法とクリーニング事故賠償基準について取り上げます。

家庭用品品質表示法は、消費者が日常的に使用する製品である、繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具及び雑貨工業品の4部門について成分・性能・取扱上の注意事項など、品質に関する表示方法を定めた法律のことです。基調講演1では消費者庁表示対策課の藤田正樹氏をお迎えし、同法の中の「繊維製品」について、繊維の組成や家庭洗濯等取扱い方法の表示、表示者名等付記事項の概要についてお話しをいただきます。

基調講演2は一般財団法人日本消費者協会の長見萬里野氏をお迎えし、クリーニング事故賠償基準をテーマにお話しをいただきます。クリーニング事故賠償基準はクリーニング事故(クリーニング事業者が職務上払うべき注意を怠った場合に発生する法律上の賠償責任を負うべき事態)について、合理的基準を設定することにより公平かつ効率的にクレームに対応し、トラブルを解決することで消費者を簡易迅速に救済するために策定されております。今回、クリーニング事故賠償基準策定の経緯や運用方法、今後の課題について解説していただきます。

クリーニング業界の皆様、家庭用品品質表示法にどのような情報が含まれているかを知るチャンスです。アパレルの皆様、クリーニング事故の発生時に多くの消費者センターなどが調停に用いるクリーニング事故賠償基準をご存知でしょうか?是非、ふるってご参加ください。

日 時

平成26年11月28日(金)13:30~16:00(受付は13:00から)

会 場

東京ビッグサイト 会議棟701会議室
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1

最寄駅

りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分

主 催

日本繊維製品・クリーニング協議会

後 援

厚生労働省
経済産業省
消費者庁

定 員

100名

参加費

3,000円(当日お支払いください)

プログラム

開会式(13:30~13:45)

 

基調講演1(13:45~14:45)

テーマ 「家庭用品品質表示法について」

講 師 消費者庁 表示対策課 課長補佐 藤田 正樹氏

休 憩(14:45~14:55)

 

基調講演2(14:55~15:55)

テーマ 「クリーニング事故賠償基準」

講 師 一般財団法人日本消費者協会 理事長 長見 萬里野氏

閉会式(15:55~16:00)

 

申込方法

お申込フォームまたは交流会議のチラシ(PDF)の裏面の申込書に必要事項をご記入の上、ファックスにてお申込みください。
※お申込受付後、交流会議開催1週間前に当方より受講票をお送りします。
※お申込締切いたしました。(11/26)

第8回日繊ク協交流会議チラシ(PDF)

お問い合わせ

日本繊維製品・クリーニング協議会 事務局
〒160-0011 東京都新宿区若葉1-5
TEL 03-5362-7201
FAX 03-5362-7207

イベント

イベント

PAGETOP