medium_5634236386

photo credit: thinkretail via photopin cc

「アパレル」ってどういう意味?
アパレル(apparel)とは本来は服装、衣服のこと。主に外装、外衣を意味しますが、下着類などを含めて言う場合もあります。広義には靴やアクセサリー類を含めて使われることもあります。

最近は「既製服」という意味に使われるようになり、既製服メーカーをアパレルメーカーと呼ぶようになりました。また、アパレルメーカーを略して「アパレル」とも言っています。

日本ではアパレルメーカーと言う場合、自社で企画や素材仕入れ、縫製加工(外注の委託加工を含む)、小売店への卸売りを行う製造業者をいいますが、最近は自社で小売も行うアパレルメーカーが増えております。