photo credit: lasgalletas via photopin cc

クリーニングの処理工程を教えてください
クリーニングの処理工程の大きな流れは以下のようになります。

受付→仕分け→マーキング→ポケット掃除→細分類(ランドリー、ウェットクリーニング、ドライクリーニング)→洗浄→脱液(脱水)→乾燥→シミ抜き→仕上げ→点検→包装→返却

ドライクリーニングにおける乾燥方法は、乾燥機(タンブル乾燥機)による処理が基本です。洗浄・乾燥以外は、また、一部の衣類に対しては、洗浄・乾燥も含めて、1点1点の状態を確認しながら取り扱う必要があり、経験と人手を要します。