繊維製品には、はっ水などの機能性を備えたものがあります。そして、クリーニング店でも機能性を付与する加工を行っているところがあります。代表的な加工をご紹介します。アイテムや用途に応じて、試してみてはいかがでしょうか。

折目加工

スラックスやスカートの折目保持に効果的な加工です。代表的な加工方法は以下の2種類です。

リントラク加工

プリーツ谷部の裏面に樹脂を塗布し、シャープな折目を保持します。素材は選びませんが、透けるような薄い生地や、ストレッチ性のある生地には加工できません。

シロセット加工

繊維の化学結合を変化させて折目を保持します。自然な折目が特徴です。加工原理は頭髪のパーマと同様で、毛素材のみに効果があります。混用素材や混率によって、変色の可能性が高かったり(綿・麻・レーヨンなど)、折目保持効果が出にくいものがあります。

はっ水加工

水を弾く機能を付与します。汚れ防止や折目保持効果もあります。工場(会社)により、使用薬剤・加工方法・効果は様々で、はっ水効果は、素材や表面状態にも左右されます。

防虫加工

虫害を受けない(または受けにくくする)機能を付与します。工場(会社)により、使用薬剤・加工方法・効果は様々です。市販の防虫剤は気化して一定空間に虫を寄せ付けないようにするのに対して、クリーニングで行う防虫加工は、虫が嫌う薬剤を衣類に付着(または含浸)させるため、加工した衣類のみに防虫効果があります。また、加工剤は揮発しないため、解放空間(ウォークインクローゼットなど)での保管品や、ディスプレー品にも効果があります。