photo credit: Janice Yuvallos via photopin cc

面ファスナーは、日本では、一般にマジックテープとして知られ、(株)クラレがこの商標で1960年から製造、販売しています。アメリカで一般的に用いられるベルクロもベルクロUSA社の商標です。

一般的な面ファスナーは、フック状に起毛された側とループ状に密集して起毛された側とを押し付けるとそれだけで貼り付くようになっており、容易に着脱できます。
それ以外にも、フックとループ両方が植え込まれていて、フック面とループ面との区別のないタイプ(フック面とループ面との取り付け間違いが起きない)や、マッシュルーム状に起毛されていて結合力が強いクリックタイプ、鋸歯状(きょしじょう)のシャークバイト(鮫歯)タイプなどのバリエーションがあります。

面ファスナーは、スイスのジョルジュ・デ・メストラルが1941年にアルプスを登山したとき、自分の服や犬に貼り付いた野生ゴボウの実にヒントを得て、1948年に研究を開始しました。
1951年に特許出願し、1955年に認定されました。
日本では日本ベルクロ(現在のクラレファスニング)とYKKをはじめとした
会社で製造しています。
使用例としては、自衛隊の戦闘服や特撮のスーツ、アウトドアウエア等があります。

取扱い(洗濯)の注意事項

洗濯機で洗う場合は、しっかりフック面とループ面を止めて、洗濯ネットに入れてください。生地を傷めず、洗濯屑も着きにくくなります。
縫製タイプのものはドライクリーニングもOKです。
接着剤で貼り付けているタイプの面ファスナーは、ドライクリーニングを避け てください。
アイロンは熱面が直接当たらないように、裏から掛けるか、ハンカチなど当て布をかけて仕上げてください。