第19回通常総会を開催 新型コロナウイルスの影響により書面評決を行い、役員改選は延期

第19回通常総会並びに令和2年度第1回理事会(総会提出議案の審議)を新型コロナウイルス感染予防の観点から、6月29日(月)付で書面審議にて開催いたしました。
第19回通常総会には令和元年度事業報告案、令和元年度収支決算案、令和2年度事業計画案、令和2年度年会費の額及び収支予算案の1~4号議案が上程され、出席会員19(うち委任状0、書面17)で上程された議案はすべて承認されました。
なお、令和2年度事業計画では、クリーニング事故防止をテーマに業界を横断したイベントとして毎年恒例となっている日繊ク協交流会議、業界交流見学会、各種セミナーの開催が予定されておりますが、新型コロナウイルスの状況をみながら、開催テーマなど具体的な方向性については今後事業推進委員会で協議を進めていきます。
また、令和2年度は役員の改選期にあたるが改選は延期としております(後任者の決定まで現役員が継続)。

日本繊維製品・クリーニング協議会 令和2年度事業計画 概要

1.クリーニング事故防止に向けた取組み

(1)第14回日繊ク協交流会議開催
(2)業界交流見学会の実施
(3)各種セミナーの開催
上記事項については事業推進委員会にて検討

2.ホームページコンテンツの充実

(1)クリーニング事故情報の検討・分析
1.クリーニング事故情報データの分析
2.クリーニング関係からの事故情報データの収集
3.検査機関、アパレル関係からの事故情報関連データの登録
(2)リコール情報の掲載
アパレル業者からの回収情報等をホームページ上で掲載し、クリーニング事故防止に努める

3.PR事業

新規会員獲得を目的として、日繊ク協としての広報活動のあり方を検討し、それを実践していく